差d係office喊出黎
晏晝睇到肥秋果句神門沙樹へ既答案
佢舊年承受既事
真係諗起都心痛

ゆあたん(11時間前)

神門が卒業してから、突然手紙が来ました。 内容はSKE時代はお世話になりました、と言うものでしたが、その中でも実は、 昨年、神門のお姉さんが25歳という若さでこの世を去っりました。 そのお姉さんが闘病中、病院で「朝が来た」を楽しみに観ていて、「365日の紙飛行機」をよく口ずさんでいたそうです。 “”365日の紙飛行機”に救われて最後まで希望を捨てなかったことを感謝して、秋元先生に手紙を書き、 僕はそれを、秋元先生に渡しました、 先日、それを読んだ秋元先生が、755にメッセージを書いて下さったと思うのですが、 それを見た時、自然に涙が出てきました。 神門に秋元先生が、755にメッセージくれているよと、連絡もしました。 神門からも、ありがとうございましたと、嬉しそうな返事をもらいました。 歌の力って、本当に凄いと思いました。 神門のお姉さんのご冥福を改めて、お祈り致します。

http://7gogo.jp/yuasa-hiroshi/42413

トークアプリ755からの投稿



神門ちゃん卒業之後突然間寄左封信黎
講多謝佢係SKE果陣各位既照顧
實際上,舊年神門佢家姐係25歲既年輕之齡就過左身
係佢係醫院同病魔搏鬥緊果陣仍然係好樂觀
口中成日哼住365日の紙飛行機
為左多謝秋元先生寫既呢首歌
俾家姐到最後都冇放棄
所以寫左呢封信
鬍鬚佬就將呢封信俾左秋元先生
睇左呢封信之後就係755度留低左呢句

秋元康(2日前)

神門沙樹へ。 「その距離を競うより どう飛んだか どこを飛んだのか それが一番 大切なんだ」 「365日の紙飛行機」を、えーちゃんに捧げます。 秋元康

http://7gogo.jp/akimoto-yasushi/8941

トークアプリ755からの投稿


睇左呢句就喊左
同時神門ちゃん佢見到秋元先生呢句
都同ゆあたん佢聯絡左
開心地講左句多謝 
歌詞既力量真係好大
願安息

果陣我睇到肥秋果句都r晒頭
究竟乜事呢
知道件事既始末之後
諗返起舊年
我地既擔心其實真係冇錯
我地已經見到神門佢既唔妥
但係呢d野
作為飯真係冇野幫到佢
知道左事實之後
其實後悔冇野可以幫到佢
那怕只係一句鼓勵

比起飛得遠
重要既係點樣飛同飛去邊
希望神門ちゃん都可以帶住呢一句開心地生活落去